2017年12月6日水曜日

スキップ鳴門市M棟の床下地

スキップハウス鳴門市M棟は、2階床下地の造作をしています。こちらの建物では、防音マットを採用していただきました。

剛床の床合板の上全面に石膏ボードを敷き、直接歩く水廻りの床には、その上に黒いゴム製の防音マットを敷きます。

防音マットは90センチ角の大きさで、ジョイントは専用のコーキングで処理。その上に合板を貼ります。
4層の床下地になり、間に挟んだ防音マットで、下に伝わる振動を大幅に軽減します。