2018年1月21日日曜日

スキップ徳島市O棟の建物内配管

スキップハウス徳島市O棟は、基礎工事の下地整地まで工程が進み、水道配管の埋設を始めました。
この建物は、1、2階、5戸ずつの10戸で、写真の左側へ水廻りをまとめた間取りです。
各設備機器は、配管の接続位置が、それぞれ決まっているので、壁になる通りを測りながら、正確な位置に配管を立ち上げます。
手前の一段低くなっている所は、お風呂になります。

2018年1月20日土曜日

スキップ徳島市B棟、クロス貼り

スキップハウス徳島市B棟はクロスを貼っています。
水廻りから貼り始めました。クロスが貼れると部屋の中が明るくなりました。
こちらの洋室も貼り始めました。奥は3畳のウォークインクローゼットです。
南向きバルコニーの掃き出し窓からは、部屋の奥まで陽が差し込み、暖かい部屋になりました。

2018年1月19日金曜日

ガレージ小松島、鉄筋組み終了

ガレージハウス小松島は、基礎の鉄筋組みが終了しました。
駐車場と水廻りの床は仕上がりの高さが違うので、その部分には型枠を組み、そこで段差をつけます。
保証会社JIOの配筋検査も無事合格して、このあと、ベースコンクリート打ちです。

2018年1月18日木曜日

スキップ鳴門市M棟の室内階段

スキップハウス鳴門市M棟の、内部階段造作の様子です。
水廻りから洋室へ上がる階段です。ノコギリ型の下地材を壁に取り付け、そこへ段板を取り付けていきます。
出来上がると、段板と蹴込板だけが見える、シンプルな仕上がりです。
こちらは洋室からロフトへ上がる階段です。下の2段にササラ桁を使ったデザインです。
段板の色をこちらはダーク色にしてあるので、周りの白色クロスにより映える仕上がりです。



2018年1月17日水曜日

スキップ徳島市O棟の基礎工事進捗

スキップハウス徳島市O棟は、表層土の搬出が終わり、掘り方と下地砕石敷きをしています。
掘削整地の後、建物全体に砕石を敷き詰めます。
機械で砕石を締め固めた後は、いつものように建物内の水道配管を埋設していきます。

2018年1月16日火曜日

スキップ徳島市M棟の消防検査

去年竣工した、スキップハウス徳島市M棟の消防検査の立会いをしました。
共同住宅建築時は消防署への届け出が義務付けられていて、この写真は、完了検査時の様子です。
火災消火時の進入経路の有効スペースや、プロパンガスボンベ庫の仕様、消火器や火災警報器などの設置確認等、事前に提出した図面に相違が無いか検査をしていただきました。
一般的には、建物内の細かな寸法取りまでは行わないそうですが、スキップハウスの水廻りの上に乗ったロフトと洋室の位置関係が、図面では構造が解り難かったそうで、ロフト部分の面積算定などの確認を兼ねて、詳しく検査をされたそうです。
2棟とも特に指摘も無く検査は無事終わり、内外で約1時間ほどの立ち合いでした。

2018年1月15日月曜日

スキップ徳島市B棟のクロス下地パテ

スキップハウス徳島市B棟は、クロス下地のパテをしています。
ボードの繋ぎ目と留め付けビスの頭を、丁寧に埋めていきます。
出隅部分も補強テープを埋め込むようにパテをしました。
間も無く、クロス貼りが始まります。
クロスの柄はいつものように白基調で、ロフトのいちばん奥の壁に、アクセントクロスで色付けをします。